2019年(令和元年)分所得税・個人消費税の確定申告の期限は2020年4月16日(木)です。

確定申告とは?

確定申告とは?

所得がある人は、所得に応じて、所得税や住民税などの税金を払わなければなりません。
確定申告とは、ある年の1月1日から12月31日までの一年間の所得を計算し、納税金額を確定される手続のことをいいます。
所得は、その年の収入からその収入を得るためにかかった必要経費や控除できる金額を差し引いて計算します。

 

確定申告の時期

確定申告をする時期は、翌年2月16日から3月15日までの1か月間で、確定申告をしなければならない人はこの期間中に、税務署に確定申告書を提出しなければなりません。また、確定申告することにより源泉徴収された所得税の還付を受けとることができる人も、還付を受けるためには確定申告書を提出する必要があります。

 

確定申告が必要な人

個人事業主の方は必ず確定申告をする必要があります。

会社勤めの方は勤務先で年末調整することで、確定申告する必要がなくなります。ただし、給与所得が2,000万円を超える場合や、副収入が年間20万円以上ある場合などは、確定申告しなければなりません。
その他にも、保険金の満期金を受けとったとき、不動産や株式の売買で利益を得たときなどは確定申告が必要となる可能性があります。
また、医療費が多額にかかったため医療費控除を受けることができる人や初めて住宅ローン控除を受ける人などは確定申告をすることにより、給与から源泉徴収された所得税の還付を受けることができる可能性があります。

 

所得から控除できるもの

控除の種類 控除を適用できる場面
雑損控除 災害、盗難、横領などによる損害を受けたとき
医療費控除 一定額以上の医療費を支払ったとき
社会保険料控除 社会保険料を支払ったとき
小規模企業共済等掛金控除 小規模企業共済等に加入しているとき
生命保険料控除 一定の生命保険料の支払があるとき
地震保険料控除 一定の地震保険料の支払があるとき
寄付金控除 一定の寄付をしたとき
寡婦、寡夫控除 自身が寡婦または寡夫であるとき
勤労学生控除 自身が勤労学生であるとき
配偶者控除・配偶者特別控除 控除対象となる配偶者がいるとき
扶養控除 扶養親族がいるとき
基礎控除 一律38万円

 

 

 

Copyright© 確定申告ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.